移転しました。
2013年2月〜
http://kanonji.info/blog/

2008年11月〜2013年1月
http://d.hatena.ne.jp/kanonji/

はてなダイアリーに移転してたけど、そっからさらにWordPressでのブログに移転しました。
 
201302061607
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
----------
WindowsのwebDAVクライアント ネットワークプレースの難点
webDAVをネットワークプレース機能で利用すると、ローカルとおんなじ操作感で使えてすごく便利です。
webDAVだからゆえの文字コードの問題とか、ネットワークプレース機能のバグなどもあり、ApacheのWebDAVモジュールを最初に設計した人からも、Apacheサーバに対してWindowsXPのネットワークプレースを使うことは推奨されてないとかも。

詳細はこのあたりを参照

でも同じマイクロソフト製であるIISと合わせて使えばそれなりに便利に使えます。

しかし、やはり他にも難点はあります。

webDAVをネットワークプレース機能で利用していると、ファイルの転送のためにキャッシュを作成します。
キャッシュのディレクトリは、デフォルトならば以下のとおり。

C:\Documents and Settings\LocalService\Local Settings\Temporary Internet Files\Content.IE5


このキャッシュですが、ほっとくとどんどん溜まっていきます。
ちゃんと期間を決めたりしてないですが、日常的に使っていてキャッシュがそろそろ6GB弱にまでなっています。
ファイルを受け取る時なら分からないでもないですが、ファイルをサーバに送信する時もなぜかキャッシュを作成します。
キャッシュと入っても、移動やコピーするファイルをコピーしただけのファイルなので、大きいものの場合そのファイル分がまるまる消費されます。
キャッシュの保存容量に上限があるかどうかなど、まだ分かりませんが、HDDの残り容量が厳しいときなどは、これが原因でうまく転送できなかったりします。

webDAVサーバに、クライアントから大き目のファイルを退避させて、クライアントマシンのHDD容量を確保しようとしていたので、データを退避させてもさせてもHDD容量が増えずでした。
もちろん、退避させたデータがそっくりそのままキャッシュされていたからです。

とはいえ、このキャッシュ機能も無いと困ることもあるようなのでなんともいえません。
以下のようなバグもあるため、キャッシュされていないとデータを失うこともありえるようです。

WebDAV サーバーへのファイルサイズが大きいファイルの移動またはコピーに失敗する
スポンサーサイト
別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0
200703060252
| プログラマのチラシの裏 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。