移転しました。
2013年2月〜
http://kanonji.info/blog/

2008年11月〜2013年1月
http://d.hatena.ne.jp/kanonji/

はてなダイアリーに移転してたけど、そっからさらにWordPressでのブログに移転しました。
 
201302061607
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
----------
フォントいろいろ
普段使っているフォントをまとめてみる。

○ブラウザで使う用
SHG30.ttc.cab 入手元:Macの見やすいOsakaフォントをWinで使おうプロジェクト

SH G30.ttcに2種類のフォントデータが含まれる。
・SH G30-P:プロポーショナル
・SH G30-M:等幅

小さいフォントサイズでも読みやすいを目指して作られたらしい。
SHとあるのはシャープ製だかららしい。
アーカイブの中にはSH G30.ttcのみ入っていてドキュメント類はまったくなかったが、ライセンスとかはどうなっているのか謎。
とても良いフォントだけど、個人利用に留めておくといいかも。

フォントデザインが良い所と、フォントサイズ12までは変にアンチエイリアスが掛からないところが良い。
アンチエイリアスについては、OSの設定でかけないことも出来るが、その場合シャギーでもっと酷くなる。
すごく大きいフォントサイズになってくるとアンチエイリアスは見やすくきれいになるが、フォントサイズ12くらいまではないほうが見やすいと思う。

難点としては大文字のI(アイ)と小文字のl(エル)の見分けがつかない点。同じにしか見えない。
数字の0(零)と大文字のO(オー)は丸みが微妙に違うので、何とかわかるが、紛らわしいことには違いない。

○コーディング エディタ用
Osaka.zip 入手元:Macの見やすいOsakaフォントをWinで使おうプロジェクト

Osaka.ttcに3種類のフォントデータが含まれる。
・Osaka:プロポーショナル
・Osaka-等幅:等幅
・Osaka-UI:行間の狭いタイプらしい。UIは何の略だろうか。

Macのフォントを有志の方々がWindowsに移植したもの。
これもフォントデザインが良く、読みやすい。
こっちのほうがお気に入りだが、残念ながらフォントサイズが9より小さくても大きくてもアンチエイリアスが掛かってしまう。
逆を言えばフォントサイズが9なら、アンチエイリアスが掛からないので良い。

特に優れた点は、Osaka-等幅は数字の0(零)に斜めの斜線が入っているので、大文字のO(オー)と見間違えることがない点。
また、大文字のI(アイ)と小文字のl(エル)もエルのほうに違いがあるので見分けがつく。
小文字のl(エル)は数字の1と似ているので、全部が並んでいると読みにくいといえば読みにくいが、一応全部違うので見分けはつく。
しかし、この特徴はOsaka-等幅だけのもので、それ以外は上記の違いがないので、見分けがつかない。

使い方としてはOsaka-等幅をフォントサイズ9にして、お気に入りのテキストエディタに設定するのが良い。
ほんとはもう少し大きいフォントサイズにしたいところ。
フォントサイズ12くらいまでアンチエイリアス無しで、フォントデザインが良く、各文字の見分けがつきやすいフォント、他に何かないだろうか・・・

プロポーショナルフォントと等幅フォントについてはWikipediaを参照

現在注目しているフォント。

M2Ipa
スポンサーサイト
別窓 | PC拡張 | コメント:5 | トラックバック:1
200702150625
| プログラマのチラシの裏 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。