移転しました。
2013年2月〜
http://kanonji.info/blog/

2008年11月〜2013年1月
http://d.hatena.ne.jp/kanonji/

はてなダイアリーに移転してたけど、そっからさらにWordPressでのブログに移転しました。
 
201302061607
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
----------
自分が使っている定番のFirefoxアドオン(拡張機能)一覧

ありがちだけど、ツール晒し系エントリ


Firefoxはアドオン(拡張機能)をインストールすることで、様々な機能を追加できるのがメリット。
あれこれと入れているとつい多くなりがちなので、たまに整理もしているけど、新しいアドオンを見つけては試してみたくなってしまう。
とはいえ、最近はある程度欲しい機能が揃ってきたのか、自分の中での定番が出てきたので、一度まとめてみることに。
今後、新しいPCとかFirefoxを入れなおすような事があったときにも、まとめておいたほうが良いこともあるだろう。
各アドオンを一言で説明してみたけど、ちょっと分かりにくいものが多いかも知れない。

俺の必須アドオン


Adblock Plus :: Firefox Add-ons
webサイト上の広告をブロックする。広告でなくても画像、js、cssなどファイル単位でブロック可能。
Adblock Plus: Element Hiding Helper :: Firefox Add-onsを併せて導入することで、HTMLの要素単位でブロック可能になる。
[Firefox] Adblock Plus - プログラマのチラシの裏に追加情報あり。

Greasemonkey :: Firefox Add-ons
ユーザが勝手にwebサイトを拡張するJavaScriptを実行できるようにする。
全てのwebサイトに対して働くスクリプトも作れるが、基本的には特定のwebサイトに対して動作させる。

del.icio.us Bookmarks :: Firefox Add-ons
Yahoo inc謹製のdel.icio.us用アドオン。Firefoxのブックマーク機能の変わりにdel.icio.usを使用できるようにする。

Tab Mix Plus :: Firefox Add-ons
Firefoxのタブ機能を拡張する。Fx2には別の実装があるが、セッション機能も便利。

All-in-One Gestures :: Firefox Add-ons
マウスジェスチャー。
とても機能が豊富だが、マウスジェスチャーの主要な機能だけでなら、後述のuserChrome.jsを使って実装したほうが、動作が軽いらしい。

Link Alert :: Firefox Add-ons
webページ上のリンクにカーソルを乗せると、リンク先が何の種類かをアイコンで教えてくれる。
例えばPDFへのリンクの場合、PDFのアイコンが表示される。


開発に便利なアドオン


Leak Monitor :: Firefox Add-ons
表示しているwebサイトやFxのアドオンでのメモリリークを教えてくれる。

Html Validator :: Firefox Add-ons
HTMLとXHTMLのバリデートツール。
Firefox標準のソースビュワーが拡張さる形で、エラー内容とエラー箇所をみることが出来る。

JSView :: Firefox Add-ons
今表示しているwebページで読み込まれている外部js・cssファイルをコンテキストメニューから開く。

SEO for Firefox Extension: Free Search Engine Optimization Browser Plugin for Firefox
主要検索サイトの検索結果にSEO的情報を組み込んで表示。

Web Developer :: Firefox Add-ons
web開発に便利な機能が一通り揃った、web開発の基本ツール。

User Agent Switcher :: Firefox Add-ons
メニューからすばやくUAを変更できる。

Live HTTP Headers :: Firefox Add-ons
Firefoxでの通信からHTTPヘッダーをキャプチャして表示する。

Firebug :: Firefox Add-ons
JavaScriptのデバッグツールだが、DOMインスペクトなどHTMLやCSSのコーディングにもかなり役立つ。

YSlow :: Firefox Add-ons
Yahoo inc製のwebサイトの改善点解析ツール。Firebugの追加機能という形で提供される。


ちょっと便利なユーティリティ的アドオン


Quick Locale Switcher :: Firefox Add-ons
メニューからすばやく言語ロケールを変更できる。

ShowIP :: Firefox Add-ons
表示しているwebサイトのIPを取得したり、WHOISを簡単に調べられる。

Pearl Crescent Page Saver
表示しているwebページを画像で保存する。
縦に長いスクロールが必要なページでも、1枚の画像に保存してくれて便利。jpgとpngに対応。

Make Link :: Firefox Add-ons
表示しているwebページのタイトルや、タイトルを含んだリンクタグなどをコンテキストメニューからすばやく生成してクリップボードにコピーする。
Copy URL + :: Firefox Add-onsというアドオンがあったが、更新されてないのでMake Linkがお勧め。

Google Reader Notifier :: Firefox Add-ons
Googleリーダの未読数をステータスバーに表示。

中止ボタンがしいたけに見えて困る :: Firefox Add-ons
和む

ScrapBook :: Firefox Add-ons
webページをローカルにスクラップするように保存できる。

Blogger Web Comments for Firefox
表示しているwebサイトについて書いているブログエントリーを表示。

UnPlug :: Firefox Add-ons
Youtubeなどから動画ファイルを抽出してダウンロードする。ニコニコ動画のような日本だけのサービスは対応してない様子。

Modify Headers :: Firefox Add-ons
HTTPヘッダーを動的に追加・書き替える。
条件分岐が出来ないので、アクセスするwebサイト毎にHTTPヘッダーを追加したりしなかったりといったことが出来ない。出来たら便利なんだけどな。

Header Spy :: Firefox Add-ons
サーバ名やUA、HTTPステータスコードなど、HTTPヘッダーの要所をステータスバーに表示。

[Ext] userChrome.js 0.8 - MozillaZine Forums
まだベータ段階って感じだけど、FirefoxをJavaScriptで手軽にカスタマイズできる。


代用可能なアドオン


MeasureIt :: Firefox Add-ons
よく使われているけどWeb Developerで代用可能


便利なアドオン、入れすぎ注意


アドオンはとても便利で、あれもこれもインストールしておきたくなるが、入れすぎるとFirefoxの動作が重たくなったりする。
アドオンの数だけメモリも使用するし、メモリリークの可能性も増えていく。
まっさらなFirefoxと、アドオンを10個程度入れたFirefoxでは、動作の機敏さが体感できるほど違うようだ。
たまにしか使用しないアドオンは、無効にしておくだけでも多少は良くなると思う。
スポンサーサイト
別窓 | ブラウザの拡張 | コメント:0 | トラックバック:0
200802020216
Greasemonkeyスクリプト「Element Resizer」のKeyboard Resizingを無効化する
Element Resizer – Userscripts.org
Greasemonkey :: Firefox Add-ons

Element Resizerはtextareaタグの入力フォームの縦横サイズを、自由に変更できるようにするGreasemonkeyスクリプト。
掲示板やブログ、webメーラーなどで入力する際、入力フォームが小さくて長い文章を書くのに不便だったりする。
そんなときに役立つ。

Element ResizerにはCtrlキーを押すと、入力フォーム内のスクロールがクリアされ、上のほうに戻されてしまう変な挙動がある。
バグなのか分からないが、コピーペーストにCtrlキーを多用するので、非常に不便。
Keyboard Resizingという機能がCtrlのキー入力をイベントとして利用しているので、これを無効にすることで解決する。

なお、Element Resizerソースコードは以下のバージョンを対象とする。

// @name Element Resizer
// @namespace http://userscripts.org/people/336
// @description Makes user-specifiable elements resizable by mouse and keyboard, either in or out of the page flow or "maximized" above it.
// @source http://userscripts.org/scripts/show/2301
// @identifier http://userscripts.org/scripts/source/2301.user.js
// @version 0.3.1
// @date 2006-10-13
// @creator Richard Gibson <@gmail.com>

修正前
489行目:addElementEventHandlers(el, properties);


修正後
489行目://addElementEventHandlers(el, properties);


489行目以外にfunction addElementEventHandlersを呼んでいる箇所は無いようなので、function addElementEventHandlersそのものもコメントアウト/削除しても構わないと思う。
これでKeyboard Resizingが機能しなくなる代わりに、Ctrlキーを押してもスクロールがクリアされることがなくなった。

ちなみにKeyboard Resizingは以下のような機能。

Alt+Enter
in flow height increase
Shift+Alt+Enter
in flow height decrease
Control+Space
in flow width increase
Shift+Control+Space
in flow width decrease
Control+Up
centered out of flow height increase
Control+Down
centered out of flow height decrease
Control+Right
centered out of flow width increase
Control+Left
centered out of flow width decrease
Alt+Minus
toggle reset (defaulting to maximized)
Alt+Plus
toggle maximized (preferring resized over reset)



余談として、いくつか相性の悪いサイトがあるので、そのサイトでは動作させないようにするのがお勧め。
gooメールでは、Element Resizerが作動するとメールの送信が行えない。
@exclude http://amigo.mail.goo.ne.jp/*
別窓 | ブラウザの拡張 | コメント:0 | トラックバック:0
200711270921
Pearl Crescent Page Saver Basic
Pearl Crescent Page Saver Basic

表示しているwebページを、画像にキャプチャしてくれる拡張機能。
優れた点は、スクロールしなければならない長いページでも、ページ全体をキャプチャできる事。
PrintScreenやブラウザ外のキャプチャツールなどでは、表示している部分までしかキャプチャ出来ず、数回に分けて保存してから後でくっつける編集作業が必要になる。
Pearl Crescent Page Saver Basicを使えば簡単な操作でッサっと保存できてしまう。

「右クリック→ページ全体を画像として保存→保存先を選択して保存」

保存形式はPNGかJpegから選択が可能で、保存ファイル名用に変数が用意されている。
保存するページのタイトルと、保存する時の年・月・日・時・分・秒が変数として設定可能。

ちなみに、有料のPro版がありBasicはProいくつかの機能が削られている。
シェアウェアタイプの拡張機能であり、Firefox Add-ons | Mozilla Corporationに登録されていないのが残念。

Screen grab! | Firefox Add-ons | Mozilla Corporation

という同種の拡張機能もあるが、こっちはPCにJava実行環境が必要らしい。
別窓 | ブラウザの拡張 | コメント:0 | トラックバック:0
200703221209
Make Link | Firefox Add-ons
Make Link | Firefox Add-ons | Mozilla Corporation

webページ上で右クリックして、コンテキストメニューからそのページへのリンクHTMLをクリップボードにコピーしてくれる拡張機能。
ちょうど上のリンクをタグを含めて生成してくれる。

Firefoxにはページのタイトルを取得する機能が無く、その点が不便だったがこれで解決。
Copy URL +という似た機能を持った拡張機能もあるが、なぜかFirefox2に対応させる気がないのか、更新されないでいる。
ここにも書いたが日本では、日本語化と同時にFirefox2に対応させたものもあるようだが、https://addons.mozilla.org/以外からはインストールしたくなかったので導入していなかった。
別窓 | ブラウザの拡張 | コメント:0 | トラックバック:0
200703161352
Google Reader Notifier
Google Reader Notifier

GoogleのRSSリーダー、Google Readerに登録したフィードの新着情報をステータスバーに表示してくれる拡張機能
Google ReaderとFirefoxを両方使っているなら、導入して損はないはず。
Google公式では無いが、特に不満も無く自分の中ではGoogle Reader Notifierがあって当たり前になっている。
別窓 | ブラウザの拡張 | コメント:0 | トラックバック:0
200703121049
Leak Monitor
Leak Monitor

20070311094247.png


JavaScriptのメモリリークを検出してくれる拡張機能。
日ごろアクセスしている各webページにて動作しているJavaScriptも、コーディングによってはそのページを閉じてもオブジェクトが消えないといったリークが発生するらしい。
Ajaxなどを使ったwebサイトを作る際には役に立つだろう。

また、Chrome JS・chrome JavaScriptというものに関しても検出が可能らしいが、chrome JavaScriptが何なのかがよくわからない。

Chrome とは何か?

Chrome は、ウィンドウのコンテント領域の外側にある、アプリケーションウィンドウのユーザインタフェース部品です。ツールバーやメニューバー、プログレス(進捗)バー、ウィンドウのタイトルバーなどはすべて、主として chrome に属する要素の例です。

設定可能な Chromeより引用



ということなので、FirefoxのUI部分の記述にJavaScriptが使われているんだろう。
そしてその部分のメモリリークも検出できるということだろうか。

Leak MonitorのUIは画像のとおりだが、このウィンドウは自分から開くことは出来ないようだ。
webページを閉じたときに本来消えなければならないオブジェクトが残っている場合にメモリリークと判断されるため、ページを閉じたときメモリリークがあればポップアップしてくる。
Leak Monitorには設定画面もないので、最初はちゃんとインストールされたかもよくわからず、少し悩んでしまった。

意図的にメモリリークを発生させ、LeakMonitorが動いているか確認するには以下の手順で出来るようだ。
どうやらFirefoxのバグのようなので、バージョンによっては確認できなくなるかもしれない。

○adding an observer and not removing it

・Go to about:config

・Enter javascript:void(alert(Components.classes["@mozilla.org/observer-service;1"].getService(Components.interfaces.nsIObserverService).addObserver({observe: function() {}, foobar: 3, arr:["baz", "bah"], 7:3.574, doc:<html lang="en" xml:lang="en" xmlns="http://www.w3.org/1999/xhtml"><head><title>title</title></head><body><p>Paragraph</p></body></html>}, "xpcom-nothingmuch", false)))

・Leave the page

Leak Monitor Extensionより引用

別窓 | ブラウザの拡張 | コメント:0 | トラックバック:0
200703110949
| プログラマのチラシの裏 | NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。