移転しました。
2013年2月〜
http://kanonji.info/blog/

2008年11月〜2013年1月
http://d.hatena.ne.jp/kanonji/

はてなダイアリーに移転してたけど、そっからさらにWordPressでのブログに移転しました。
 
201302061607
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
----------
Firefox2でuser.jsをいじってみた。
user.jsはFirefoxのユーザ別設定ファイルのこと。
Firefox全体の設定ファイルにprefs.jsがあるが、全体の動きを変えてしまうことや、prefs.jsはFirefox自身が変更することもあるとかで、user.jsにて設定することが推奨されている。

ちなみにユーザ別というのは、たとえば1台のPCを複数のWindowsユーザを作って家族で共有しているとか。
家族でPCを共有しているところで、Firefoxなんてものを使い、さらに設定を自分で変更して使おうなんてことがあるかは疑問だったりする。

prefs.js と user.js の関係は以下のとおり。



  • Firefox 起動時の動作

    1. デフォルトの設定を読み込み

    2. prefs.js を読み込み

    3. user.js を読み込み



  • Firefox 使用中の動作

    1. オプション画面などによる設定の変更

    2. about:configからの設定の変更



  • Firefox 終了時の動作

    1. 現在の設定を prefs.js に書き込み





about:config と user.js による Firefox のカスタマイズ - えむもじらより引用


これによると、Firefoxの終了時に設定を prefs.js に書き込みとあるので user.js の設定も prefs.js に書き込まれることになりそう。
複数のユーザで別々の設定を使うには、各々が自分の user.js を持っている必要がありそうだ。

また、設定を user.js から削除しても prefs.js には残っているため、不要になった設定を削除する場合は prefs.js からも削除する必要がある。

1つ困った点として、フィードリーダの追加をする部分がある。
以下のような記述で、自分の好きなRSSリーダサイトにFirefoxからフィードを登録できるようになる。


user_pref("browser.contentHandlers.types.6.title", "Google Reader");
user_pref("browser.contentHandlers.types.6.type", "application/vnd.mozilla.maybe.feed");
user_pref("browser.contentHandlers.types.6.uri", "http://www.google.com/reader/view/feed/%s");


コードの中のtypes.6の部分の6は、6個目のフィードリーダの追加だから6なんだけれども、環境によってすでに6個目がある場合はおそらく上書きしてしまう。
逆に5個しかない環境に対し、6を飛ばしてtypes.7などにして設定すると、ちゃんと読み込んでくれない。
なにか良い方法は無いんだろうか。

続きに設定したuser.jsの内容を列記。

参考にしたサイトは以下のあたり。
SmallStyle - Firefox をインストールしたらまず行う設定(Firefox 2.0 版)
空き容量429MB - Firefox2.0覚書 part2
Firefox 2 入門 総合目次 - えむもじら

設定項目と値が網羅的に掲載されている(英語)
About:config entries - MozillaZine Knowledge Base
Firefox2でuser.jsをいじってみた。の続きを読む
スポンサーサイト
別窓 | ブラウザの拡張 | コメント:0 | トラックバック:0
200703100847
| プログラマのチラシの裏 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。