移転しました。
2013年2月〜
http://kanonji.info/blog/

2008年11月〜2013年1月
http://d.hatena.ne.jp/kanonji/

はてなダイアリーに移転してたけど、そっからさらにWordPressでのブログに移転しました。
 
201302061607
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
----------
contigでexeとdllだけをデフラグする
デフラグツール JkDefragとPower Defragmenter - プログラマのチラシの裏に書いたPower Defragmenterは、コマンドラインのデフラグツールContig v1.54のフロントエンド。
せっかくなのでcontigそのものを使う方法を調べてみた。

contigは特定のファイル・特定のフォルダ・特定のフォルダ内の特定の拡張子を持つファイルといった対象を選んでデフラグが出来る。
その特性を活かした某掲示板で紹介されていた使い方が、exeやだけをデフラグするということ。
毎回フルでデフラグするとその間は作業が出来ないし結構時間が掛かる。
でもexeだけでもデフラグしておけば、断片化によるアプリケーションの起動がもたつくのを防げるはず。

下記を実行すると、Cドライブ内のexeファイルだけをデフラグすることが出来る。
start /lowで実行することでプロセスの優先度を下げ、デフラグ中に他の作業をしやすくする。

start /b /low Contig.exe -s c:\*.exe

ついでにDLLもアプリケーションの起動にかかわるのでデフラグしたい。
下記などをやってみたが、こういった書き方は出来ない様子。

start /b /low Contig.exe -s c:\*.exe c:\*.dll
start /b /low Contig.exe -s c:\*.(exe|dll)

仕方が無いのでバッチファイルを作って下記のようにした。
/waitを入れないと、両方同時に開始してしまう。
contigの同時起動がだめかどうかは分からないが、やはりデフラグなので順番にやったほうがいいと思う。
多分効率もこの方がいいはず。
/waitを使えば、順番に処理してくれる。

start /b /low /wait Contig.exe -s c:\*.exe
start /b /low /wait Contig.exe -s c:\*.dll

このバッチファイルをプログラムのインストール後とか、もしくはスケジュール組んで定期的に実行しておけば、断片化の影響も少なく抑えられそう。

ちなみに/bを使わないと、Contig.exeを呼ぶ数だけDOS窓が開いてしまう。
地味に邪魔なので/bを使って新しくDOS窓を開かないようにする。

startコマンドの詳細は以下を参照。
start:ITpro

ついでにcontigのオプションを簡単に説明。

contig [-v] [-a] [-q] [-s] <ファイル名>
-v:詳細な進行状況を表示する。
-a:断片化の分析だけを行い、デフラグは実行しない。どのくらい断片化があるか確認するために使う。
-q:「quiet」モードで実行する。途中経過を表示せず結果のみ表示するようになる。-vスイッチより優先される。
-s:ディレクトリを指定する際、サブディレクトリも対象にする。ワイルドカードを使って特定の拡張子を持つファイルを指定する場合も必要。

最適化された状態の新しいファイルを作るといった事も出来るみたいだけど、あまり使わなさそうなので省略。
一応以下の様になるらしい。

contig [-v] -n <ファイル名> <ファイル容量>
スポンサーサイト
別窓 | ツール | コメント:0 | トラックバック:0
200704162107
デフラグツール JkDefragとPower Defragmenter
起動するだけで全自動デフラグ可能なフリーソフト「JkDefrag」 - GIGAZINE

Windows標準のデフラグよりも高速に動作するデフラグツール。
使い方もシンプルで、起動したら自動でドライブを検出しドライブレター順にデフラグを実行していく。
デフラグ終了まで実行ファイルをダブルクリックする以外、何もすることは無い。
WindowsのAPIを使っていて信頼性は標準搭載のデフラグと同等とみなせるとの事。
デフラグ途中のいつでも安全に終了することが出来るとある。
多分プロセスをKillしたらだめだろうけど、右上の×ボタンやALT+F4、タスクマネージャ > アプリケーション > タスクの終了など、正常の終了なら問題ないとある。

普通の実行ファイルのほかに色々オプションも備わっているコマンドラインと、スクリーンセーバーとして実行する方法も提供される。
スクリーンセーバーなんかは、ちょっとマウスを触っただけで終了するので、いつでも安全に終了できるというのは間違いなさそう。
通常の実行ではドライブを指定してデフラグをするとかは出来ないが、多分コマンドライン版なら出来るんじゃないだろうか。試してないけど。
コマンドラインはスケジュール組んで自動処理をさせるのに役に立つだろう。

ピンポイントでデフラグできる高機能フリーソフト「Power Defragmenter」 - GIGAZINE

Contig v1.54

製造元がマイクロソフトに買収されたコマンドラインのデフラグツールcontigと、そのGUIフロントエンド。
contigは特定のファイルやフォルダ、特定の拡張子を持つファイルだけをデフラグするといった、高度なデフラグが可能。
ただ、GUIは提供されていないためPower Defragmenterというフロントエンドが役に立つ。
Power Defragmenterでは、特定のファイル、特定のフォルダ、特定のドライブの3つのパターンが実行できる。
特定のファイル、特定のフォルダは、一度に4つまで指定が可能。
さらにPowerMode(TM) Disk Defragmentationという、デフラグを2回実行して高いデフラグ効果を得る2passモードもあるようだ。
また直ぐに断片化は出ちゃうだろうから、そこまでしなくてもいいと思うけど。

JkDefragでざっくりやって、不十分なファイル・フォルダをPower Defragmenterでデフラグするのがいいかな。

そういえば知人がだけどWindows標準のデフラグを実行中に、スタンバイだか休止モードに入ってしまい、そのままシステムが破損してしまうトラブルが合った。
そのときはノートPCのバッテリ不足でスタンバイだか休止モードに移行したからそのせいかもしれないけど、ちょっと怖いので電源オプションをスタンバイにも休止モードにもならないようにしてからじゃないと、デフラグを実行できない。
ちょっと実験してみるというのも出来ないしね。

予断として、そういえばLinuxにはデフラグが無いなとたまに思っていたけど、そこんとこを解説しているエントリがあった。

Geekなぺーじ:Linuxにデフラグが無い理由

Linuxにはデフラグが必要なくてすごいというより、Windowsにはデフラグが必要で余計って感じだ。
別窓 | ツール | コメント:1 | トラックバック:0
200704161826
| プログラマのチラシの裏 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。