移転しました。
2013年2月〜
http://kanonji.info/blog/

2008年11月〜2013年1月
http://d.hatena.ne.jp/kanonji/

はてなダイアリーに移転してたけど、そっからさらにWordPressでのブログに移転しました。
 
201302061607
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
----------
Internet Explorer 7がWindows Updateで自動的にインストールされるのを回避する方法
そろそろWindows Updateによる自動配布が開始されると噂のInternet Explorer 7。
なんとなく気に食わない人や、IE7では困る企業のシステムを管理してる人などにとっては、自動配布で強制的にIE7にされてしまうのは困りもの。
当然各所で自動的にインストールされないようにする方法が紹介されている。

特に手軽に行える方法として、レジストリにひとつキーを作成する方法があるが、これがちょっとだけ分かりにくかったのでメモ。

■ちょっと分かりにくい設定
HKLM\SOFTWARE\Microsoft\Internet Explorer\Setup\7.0
キー:DoNotAllowIE70
種類:REG_DWORD
値:1


上記が各所で紹介されている回避方法。
分かりにくかった点は、キーの場所を表すパスの最初の「HKLM」の部分。
これは正しくは「HKEY_LOCAL_MACHINE」であり、設定方法は以下のようになる。

■パスを明確にした設定
HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Internet Explorer\Setup\7.0
キー:DoNotAllowIE70
種類:REG_DWORD
値:1


ある程度知識のある人なら、こういう設定は「HKEY_LOCAL_MACHINE」にするもんだと思うものなのかもしれないが、レジストリに詳しくない人のほうが多いだろう。
レジストリでの操作は、間違えるとWindowsが正常に起動出来なくなるケースもあるので、こういう情報は正確に出して欲しいところ。

一応、このレジストリキーを設定する為のプログラム「IE7 Blocker Toolkit」も配布されているが、プログラムのインターフェースは英語のみ。
更になぜかコマンドラインで実行しなければならないという分かりにくさ。
難易度としてはレジストリキーを手動で作るのとそんなに変わらなさそう。
あえて分かりにくくしているのかもしれないが。。。

IE7 Blocker Toolkitの入手は以下から。
ダウンロードの詳細 : 自動配布の無効化ツールキット

IE7 Blocker Toolkitはコマンドラインで以下のように実行する。
IE70Blocker.cmd コンピュータ名 /B


コンピュータ名は省略する事で、コマンドを実行したコンピュータに対して自動配布の拒否のレジストリキーを設定できる。
IE70Blocker.cmd /B


その他の方法については、以下などを参考にどうぞ。
IE 7自動配布の基礎知識 - @IT
スポンサーサイト
別窓 | PC拡張 | コメント:1 | トラックバック:0
200705060420
リムーバルメディアの自動再生をオフにする方法
USBメモリもCD-ROMもあらゆるドライブの自動再生をオフにする方法 - GIGAZINE

GIGAZINEにまとまっているので何も書くことは無いんだけど、自分用のメモとしてあえて1エントリ作成。

CDや外付けHDD、USBフラッシュメモリ等リムーバルメディアを接続したときに毎回中身を読み込んで、エクスプローラで開くとかプレーヤで再生するとかを聞いてくるあれを出なくすることが出来る。
利便性のための機能としてつけたのかもしれないけど、ほぼ毎回キャンセルを押すことになるのでとても邪魔。

ソースはマイクロソフトのサポートオンラインCD-ROMの自動起動をOFFにする方法のようだ。
kbは879671

ファイル名を指定して実行 > gpedit.msc で呼び出せるグループポリシー ウィンドウで設定する。
グループポリシー ってコントロールパネルにあるかと思ったらなかった。
ちなみにこれはWindows XP Professional用でHomeはちょっとめんどくさいらしい。
詳しくは上記GIGAZINEで。

あと、上記GIGAZINEのページへのトラックバックにPowerToys for Windows XPのTweak UIを使うという選択肢も紹介されていた。
PowerToysはマイクロソフト謹製のWindowsを便利にするツールセット。
全部で10個のツールがあって、Tweak UIはそのうちのひとつ。
WindowsXPのインターフェイスの詳細設定が出来るようになるらしく、その設定に上記自動再生のOn/Offもあるそうな。
PowerToysは前から興味はあったけどなんとなくめんどくさくて使うことは無かった。
今回もまぁめんどくさいしいいかな。
日本語化して使うというのにまず抵抗もあるし。
別窓 | PC拡張 | コメント:2 | トラックバック:0
200704161627
フォントいろいろ
普段使っているフォントをまとめてみる。

○ブラウザで使う用
SHG30.ttc.cab 入手元:Macの見やすいOsakaフォントをWinで使おうプロジェクト

SH G30.ttcに2種類のフォントデータが含まれる。
・SH G30-P:プロポーショナル
・SH G30-M:等幅

小さいフォントサイズでも読みやすいを目指して作られたらしい。
SHとあるのはシャープ製だかららしい。
アーカイブの中にはSH G30.ttcのみ入っていてドキュメント類はまったくなかったが、ライセンスとかはどうなっているのか謎。
とても良いフォントだけど、個人利用に留めておくといいかも。

フォントデザインが良い所と、フォントサイズ12までは変にアンチエイリアスが掛からないところが良い。
アンチエイリアスについては、OSの設定でかけないことも出来るが、その場合シャギーでもっと酷くなる。
すごく大きいフォントサイズになってくるとアンチエイリアスは見やすくきれいになるが、フォントサイズ12くらいまではないほうが見やすいと思う。

難点としては大文字のI(アイ)と小文字のl(エル)の見分けがつかない点。同じにしか見えない。
数字の0(零)と大文字のO(オー)は丸みが微妙に違うので、何とかわかるが、紛らわしいことには違いない。

○コーディング エディタ用
Osaka.zip 入手元:Macの見やすいOsakaフォントをWinで使おうプロジェクト

Osaka.ttcに3種類のフォントデータが含まれる。
・Osaka:プロポーショナル
・Osaka-等幅:等幅
・Osaka-UI:行間の狭いタイプらしい。UIは何の略だろうか。

Macのフォントを有志の方々がWindowsに移植したもの。
これもフォントデザインが良く、読みやすい。
こっちのほうがお気に入りだが、残念ながらフォントサイズが9より小さくても大きくてもアンチエイリアスが掛かってしまう。
逆を言えばフォントサイズが9なら、アンチエイリアスが掛からないので良い。

特に優れた点は、Osaka-等幅は数字の0(零)に斜めの斜線が入っているので、大文字のO(オー)と見間違えることがない点。
また、大文字のI(アイ)と小文字のl(エル)もエルのほうに違いがあるので見分けがつく。
小文字のl(エル)は数字の1と似ているので、全部が並んでいると読みにくいといえば読みにくいが、一応全部違うので見分けはつく。
しかし、この特徴はOsaka-等幅だけのもので、それ以外は上記の違いがないので、見分けがつかない。

使い方としてはOsaka-等幅をフォントサイズ9にして、お気に入りのテキストエディタに設定するのが良い。
ほんとはもう少し大きいフォントサイズにしたいところ。
フォントサイズ12くらいまでアンチエイリアス無しで、フォントデザインが良く、各文字の見分けがつきやすいフォント、他に何かないだろうか・・・

プロポーショナルフォントと等幅フォントについてはWikipediaを参照

現在注目しているフォント。

M2Ipa
別窓 | PC拡張 | コメント:5 | トラックバック:1
200702150625
[Win]Documents and Settingsを移動する
http://www.itmedia.co.jp/help/tips/windows/w0587.html

詳しい方法は上記記事にあります。

一応やってみたので注意点をちょろっと書いておきます。
手順の中でxcopyを使ってDocuments and Settingsのデータをコピーしていますが「NTUSER.DAT」と「ntuser.ini」が共有違反でコピーできない場合があります。
「NTUSER.DAT」と「ntuser.ini」が無いままレジストリを変更する手順を行っても、うまくプロファイルフォルダとして認識できないようで、うまくいきません。
新しく設定したDocuments and Settingsフォルダには「ユーザ名」の名前が付いたフォルダがあるが上記ファイルがコピーできていない場合Windowsは「ユーザ名.コンピュータ名」というフォルダを作りそこをプロファイルフォルダと設定してしまいます。
xcopyで「NTUSER.DAT」と「ntuser.ini」がコピー出来なかった場合は、レジストリ変更の手順の前に手動でコピーしておきましょう。

また、プロファイルフォルダ内の「Application Data」フォルダにデータを格納するアプリケーションが、移動したことをうまく認識できず、動作がおかしくなることもある様子。
この操作を行うのは、なるべくならWindowsインストール直後にやってしまったほうが安全です。

メーラーのSylpheedなんかはデフォルトで「Application Data」にメールデータを保存するので、クラッシュ対策を考えると是非やっておきたかった拡張です。
別窓 | PC拡張 | コメント:0 | トラックバック:0
200610152238
| プログラマのチラシの裏 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。