移転しました。
2013年2月〜
http://kanonji.info/blog/

2008年11月〜2013年1月
http://d.hatena.ne.jp/kanonji/

はてなダイアリーに移転してたけど、そっからさらにWordPressでのブログに移転しました。
 
201302061607
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
----------
[Linux][基礎知識] RHELについて調べてみた
RHEL(Red Hat Enterprise Linux)

提供元のRed Hat,IncはRed Hat Linux9を最後にサブスクリプションによって有償提供されるRHELに絞って提供している。

RHELは大きく分けて3種類に分かれる

●ハイエンドサーバ(DB、CRM、ERP用途など)向けの「RHEL AS」
●中・小規模サーバ(DNSやWeb、FTPなど)向けの「RHEL ES」
●デスクトップ・クライアント向けの「RHEL WS」

上記のほかに、Red Hat Linux9を基にしたRed Hat Desktopが加わり、4タイプが提供されている。

4タイプはどれも安定した運用には、有償のサブスクリプションが必要とされる。
サブスクリプションで得られるメリットは以下の通り。


1:Errataの入手、自動アップデート(Up2date)
Red Hat Enterprise Linuxに対応したアップデート、バグフィックスの提供。
rpmパッケージの依存関係を解消した自動アップデート。
2:テクニカルサポート
インストールから運用、障害対応に、専任のエンジニアが電話、E-mailでアドバイスします。
サービスレベルは製品により異ります。サービスレベルはこちらから御確認下さい。
3:ソフトウエアの入手
Red Hat Networkを通じて、最新バージョン、メンテナンス期間中の以前のバージョンのRed Hat Enterprise Linuxソフトウェアを入手できます。
さらに次期バージョンのソフトウェアにも、いち早くアクセスできます。
http://www.jp.redhat.com/software/rhel/renew.html より引用



1番のアップデートについては、そもそもRHELはオープンソースのため、自力で適用していくことも可能。
RHEL自体がオープンソースのためRed Hatリビルダーなどと呼ばれる、クローンを提供するプロジェクトがいくつも存在する。
CentOSが代表的。
他のプロジェクトは以下の記事でいくつか名前があがっていたが、リンクなどは無かった。
レッドハット対「クローン」リビルダー--共生か、それとも寄生か

RHELのソースコードを入手する方法は良く分からないが、時間とスキルがあればRHELを自分でビルドして自分で更新していくことも可能の様子。
実際オラクルがRed Hat,Incよりやすい料金で、アップデートを含めRed Hat,Incのサブスクリプションと同様のサービスをするといった記事を見たことがある。

サブスクリプションのメリットを言い替えると、

1.サブスクリプションによるアップデートは、各パッケージの依存関係が解決済みでバイナリの状態で提供される。
実際にはコマンドを実行するだけでアップデート処理が出来る。
ソースコードの状態であれば、サブスクリプション無しでも入手は可能。
2.トラブルがあればテクニカルサポートが受けられる。
3.Red Hat Networkという総合管理プラットフォームが利用できる。
複数のRHELが稼動するサーバを管理/監視するツールなどが提供される。
Web上のコントロールパネルを使用してるようなので、サブスクリプション必須。
スポンサーサイト
別窓 | Linux | コメント:0 | トラックバック:0
200611230737
aptitudeの日本語ヘルプ
http://lists.debian.or.jp/debian-doc/200303/msg00000.html
別窓 | Linux | コメント:0 | トラックバック:0
200603082048
PHP、apache2、ストリーム関連URLメモ
http://ns1.php.gr.jp/pipermail/php-users/2003-August/018051.html

http://ns1.php.gr.jp/pipermail/php-users/2002-September/009719.html

http://ns1.php.gr.jp/pipermail/php-users/2003-August/018130.html

PHPのメーリングリストは、一度タイトルだけざっとみて、気になるやつだけ読んでおくといいかもなぁ。

あとなんか謎エラー

Warning: Unknown: Your script possibly relies on a session side-effect which existed until PHP 4.2.3. Please be advised that the session extension does not consider global variables as a source of data, unless register_globals is enabled. You can disable this functionality and this warning by setting session.bug_compat_42 or session.bug_compat_warn to off, respectively. in Unknown on line 0



MDBを使ってみる

http://www.backendmedia.com/MDB/docs/

http://fol.axisz.jp/php/man/pear/package.database.mdb.html


http://forums.microsoft.com/MSDN/ShowPost.aspx?PostID=208167&SiteID=1

http://webring.homeserver-streaming.com/#site

http://72.14.207.104/search?q=cache:nSXOhd5z39MJ:hp.vector.co.jp/authors/VA009278/mig/+webcam+%E3%83%97%E3%83%AD%E3%82%B0%E3%83%A9%E3%83%A0&hl=ja&gl=jp&ct=clnk&cd=11

http://www.microsoft.com/japan/msdn/library/default.asp?url=/japan/msdn/library/ja/jpdnwbgen/htm/vfwmap3.asp

http://videocapture.sourceforge.net/

http://videocapture.sourceforge.net/html/VideoCapture.html



http://httpd.apache.org/docs/2.2/ja/mod/mod_rewrite.html

http://japache.infoscience.co.jp/rewriteguide/

http://sheepman.parfait.ne.jp/wiki/RewriteRule

http://tech.bayashi.net/svr/doc/apache/mod_rewrite.html

http://dozo.rgr.jp/log/eid287.html

http://www.net-newbie.com/trans/mod_rewrite.html

http://www.nurs.or.jp/~sug/homep/rewrite/index.htm



http://www.trackword.net/k/mysql


http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/NEWS/20060214/229190/

http://www.asterisk.org/

http://www.diggwatchblog.com/web-20-logos-and-links

http://www.flickr.com/photos/stabilo-boss/93136022/
別窓 | Linux | コメント:0 | トラックバック:0
200602150121
pearが入ってない?
aptitudeでphp5.1(php5.1.2-0.1~sarge1)を入れていたけどpearが無い。

--\提案には
---php-pear(入手不可)となっていた。

検索してみたら
php5-pearがあったので入れてみたら
5.1.2-1dotdeb.2だった。

その後、パッケージリストを更新(u)してみたら
前は無かったphp5パッケージが出ていた。

php5を入れるために、dotdebとか他にも数個、非公式のapt-lineを加えたけど、どのパッケージがどこの提供なのか分からなくなってしまっている。

バージョンにdotdebとついてくるので、dotdebは分かるけど
他のはさっぱり。

とりあえずphp5.1パッケージとphp5-pearパッケージは別のところから提供されている様子。
いいのか?

参考、コマンド集http://homepage2.nifty.com/cs/linux_command/command/index.html
別窓 | Linux | コメント:0 | トラックバック:0
200602071613
iptables
iptablesが壊れた
現在以下の様になっている。


#! /bin/sh

trusthost='192.168.11.0/24'
myhost='192.168.11.100'
any='0.0.0.0/0'

#Flush & Reset
iptables -P INPUT ACCEPT
iptables -P OUTPUT ACCEPT
iptables -P FORWARD ACCEPT
iptables -F
iptables -X

#Default Rule
iptables -P INPUT DROP
#iptables -P OUTPUT DROP
iptables -P FORWARD DROP
iptables -A INPUT -p tcp ! --syn -m state --state NEW -j DROP
iptables -A INPUT -m state --state ESTABLISHED,RELATED -j ACCEPT

#loopback#localhost to localhost
iptables -A INPUT -i 127.0.0.1 -j ACCEPT
#iptables -A OUTPUT -o 127.0.0.1 -j ACCEPT

#ICMP trusthost->myhost
iptables -A INPUT -p icmp --icmp-type echo-request -s $trusthost -d $myhost -j ACCEPT
#iptables -A OUTPUT -p icmp --icmp-type echo-reply -s $myhost -d $trusthost -j ACCEPT

#ICMP myhost->trusthost
#iptables -A OUTPUT -p icmp --icmp-type echo-request -s $myhost -d $trusthost -j ACCEPT
iptables -A INPUT -p icmp --icmp-type echo-reply -s $trusthost -d $myhost -j ACCEPT

#SSH ANY->myhost
iptables -A INPUT -p tcp -m state --state NEW,ESTABLISHED,RELATED -s $any -d $myhost --dport 22 -j ACCEPT
#iptables -A OUTPUT -p tcp -s $myhost --sport 22 -d $any -j ACCEPT

#www ANY->myhost
iptables -A INPUT -p tcp -m state --state NEW,ESTABLISHED,RELATED -s $any -d $myhost --dport 80 -j ACCEPT
#iptables -A OUTPUT -p tcp -s $myhost -sport 80 -d $any -j ACCEPT

#FTP ANY->myhost
iptables -A INPUT -p tcp -m state --state NEW,ESTABLISHED,RELATED -s $any -d $myhost --dport 21 -j ACCEPT
#iptables -A OUTPUT -p tcp -s $myhost -sport 21 -d $any -j ACCEPT

#DNS myhost->ANY
iptables -A INPUT -p udp -s $any --sport 53 -d $myhost -j ACCEPT
#iptables -A OUTPUT -p udp -s $myhost -d $any --dport 53 -j ACCEPT

#logging
iptables -N LOGGING
iptables -A LOGGING -j LOG --log-level warning --log-prefix "DROP:" -m limit
iptables -A LOGGING -j DROP
iptables -A INPUT -j LOGGING
iptables -A OUTPUT -j LOGGING



適用すると通信がまったく出来なくなる。
#sh iptables.sh で適用するとダメだけど、手作業で同じiptablesコマンドを実行していくと問題ない、なぜだろう。

参考:http://72.14.207.104/search?q=cache:G4uMnhaQ8ZwJ:park15.wakwak.com/~unixlife/linux/de-network.html+etc/network/interfaces&hl=ja&gl=jp&ct=clnk&cd=2

http://www.atmarkit.co.jp/flinux/index/indexfiles/iptablesindex.html
別窓 | Linux | コメント:0 | トラックバック:0
200602071603
proftpdを設定
詳細は忘れてしまったけど
http://www.marronkun.net/linux/web/proftpd_000019.html
http://www.griffonworks.gwits.net/~griffon/freebsd/proftpd/
http://cyberam.dip.jp/linux_server/ftp/proftpd_main.html

http://www.infoscience.co.jp/technical/proftpd/

といった部分を参考にした



多分…これで応答が速くなる
No.5010 投稿時間:2002年09月05日(Thu) 13:17 投稿者名:OAK URL:

proFTP の設定に、

IdentLookups off

を追加すれば応答が早くなります。


--------------------------------------------------------------------------------

何故かproftpd-1.2.5では、この設定でidnetは止まらないです。
No.5015 投稿時間:2002年09月05日(Thu) 22:39 投稿者名:おやじ URL:http://www.aconus.com/~oyaji/

> proFTP の設定に、
>
> IdentLookups off
>
> を追加すれば応答が早くなります。

と思いますが、以前から、何故かproftpd-1.2.5では、この設定は効かずidnetは止まらないので
とりあえず、おやじはローカルでしか使わないので、ファイヤウォールをローカルだけ113番を開けて
凌いでいます。
このバージョンのバグかもしれません。こんどの休みにでもテストしてみようと思いますが。




ProFTPDを起動した時に、接続が拒否されてしまう事がありました。表示されるメッセージによると「/etc/shutmsg」が存在すると、全ての接続を拒否する様です。その場合は「/etc/shutmsg」を削除するとOKになりますが、「/etc/shutmsg」が作成される原因はよく判りません。




総合サイト
http://itbtech.itboost.co.jp/index.php
一部こっちにコンテンツ移動している模様
http://www.stackasterisk.jp/tech/index.jsp

http://www.atmarkit.co.jp/flinux/index.html

UNIXシステム管理入門コース
http://www.wakhok.ac.jp/sysadmin/head.html
WindowsユーザのためのLinux入門
http://www.glasscom.com/tone/linux/

Linuxもそれ以外も、備忘録
http://bitarts.jp/tech/
別窓 | Linux | コメント:0 | トラックバック:0
200601311558
| プログラマのチラシの裏 | NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。