移転しました。
2013年2月〜
http://kanonji.info/blog/

2008年11月〜2013年1月
http://d.hatena.ne.jp/kanonji/

はてなダイアリーに移転してたけど、そっからさらにWordPressでのブログに移転しました。
 
201302061607
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
----------
RGBとCMYKと色空間についてのメモ
sRGBとCMYの色域。黒線の内側がsRGB、白線の内側がCMYの色域。
画像:CIExy1931 sRGB CMY.png - Wikipediaより。

この画像はsRGBとCMYの色粋。
黒線の内側がsRGB、白線の内側がCMYの色域です。
この画像を見ると分かるとおり、RGBとCMYKはお互いに表現できない色がある。
RGBで作成した画像を急に印刷物に出したくなった時、CMYKに変換したら微妙に色が違うというのはこのあたりが原因だろう。

RGBは「sRGB (standard RGB)」と「AdobeRGB」の2種類ある。
名前の通りsRGBは国際電気標準会議 (IEC) が定めた国際標準規格であり、一般的なモニタ、プリンタ、デジタルカメラなどではこの規格に準拠しているとの事。
jpegなど一般的な画像ファイルも、sRGBを想定されている。
AdobeRGBは、Photoshop等の開発元であるAdobe Systemsが提唱した色空間の定義で、sRGBよりも遥かに広い(特に緑が広い)。
DTPなどの分野では標準的に使用されている。

AdobeRGBとsRGBの色空間の比較
Photoshop Tips - Adobe RGB をキレイに JPEG 化するには - by StudioGraphicsより。

sRGBとAdobeRGBの色域の違いはこの画像が分かりやすい。
ちなみにAdobeRGBの領域外であるLab空間は、人が知覚できる全ての色を表すカラーモデルとの事。
詳しくは下記webページが参考になる。

デジカメ用語集 - Lab - スタジオグラフィックス

PhotoshopにはsRGBとAdobeRGBを使い分ける設定がある。
メニューバーの「編集」→「カラー設定」を開くと、以下の画像のような設定画面が開く。

この画像の通り、web用画像を作成する時はsRGBを使うようになっていた。
これが俺のPhotoshopのデフォルト設定。
Photoshopカラー設定「Webコンテンツ作成用設定」のスクリーンショット

色域が広いAdobeRGBを使うには、設定を「プリプレス用-日本」等に変えるか、「Webコンテンツ作成用設定」のままRGBの部分をAdobeRGBに変更する形になる。
Photoshopカラー設定「プリプレス用-日本」のスクリーンショット

他にも「プリプレス用-US」とかの設定があるが設定名では用途が分かり難いものが多い。
Photoshopカラー設定「その他の設定リスト」のスクリーンショット

CMYKも細かく分ければいろいろあるようだし、自分で各項目を決めて設定として保存できるようなので、こだわる必要がある人はこの辺をいじってみるといいかもしれない。

他にもディスプレイ毎の色の差を調整するとか、このあたりはまだまだ深い部分があるようなのでおいおい調べてみたい。

最後に、もうひとつ参考になったwebページ。
AdobeRGBとCMYK、AdobeRGBとsRGBの色域の差を、上で挙げたのとは違う形の画像で説明している。

Photoshop world | Tips:なぜCMYKにプロファイルを埋め込んではいけないか【編集部】
スポンサーサイト
別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0
200706281534
FTPも透過的に扱えるファイラー「xplorer²」
xplorer² lite: free windows explorer replacement (file manager)

xplorer²は海外製のシェアウェアだが、個人・アカデミーユースに限り機能限定版のxplorer² liteが使える。
多少機能は制限されているが、目当ての機能であるFTPを透過的に使うことが出来るので試しにインストールしてみた。
xplorer² liteはexploere.exeと同様ファイラで、xplorer² liteでローカルディスクを開くと同じ感覚でFTPにもアクセスできる。

2ペイン分のディレクトリ内を表示する領域とディレクトリツリーの合わせて3ペインあるタイプ。
なので、2つのFTPサーバを開き、FTPサーバからFTPサーバにデータをコピーすることも出来る。らしい。

とりえずは便利だけど、実はまだかなり不満がある。
FTPへのアクセスだが、FTPアカウントの扱いが微妙だ。
実はFTPのアカウントは、以下のようにFTPサーバのURLに含める事が出来る。

文法:ftp://<user>:<password>@<ftp server>/<url-path>/
例 :ftp://user:password@example.com/pub/


このアクセス方法はあまりいい方法ではないと聞くし、そもそもxplorer²のアドレスバーにIDとパスワードが丸々書いてある。
自分しか画面を見ていないならばまだいいが、他人の目があるところでは注意が必要だ。
設定をざっと見てみたが、アドレスバーを非表示にしたり出来る項目は見当たらなかった。

そもそもどういうわけかWindowsにはこれだ!というFTPクライアントが無い。
FFFTPが昔から決定版のように言われているが、更新されなくなって久しく操作性もイマイチ。
SFTPに対応していない欠点もある。
SFTPに対応するFileZillaはもっと操作性が悪く、WinSCPもFFFTPと比べたら大して差は無い。
GUIでSCPが出来るツールがWinSCPくらいしかないので、一応使ってはいるがどうにも不便で仕方が無い。

LinuxやMacにはこの辺のクライアントソフトに関して、すごくいいのが揃っているようだ。
Linuxはデスクトップ環境のGNOMEの標準ファイラとしてNautilusがある。
NautilusはFTPにSCPにNSFにWebDAVといった様々なローカルディスクではないストレージを、ローカルディスクにアクセスするのと同じ操作で扱える様に出来る。
ローカルディスクと同じ操作なので違和感がまるでなく、むしろFTPやSCPであることを忘れてしまうのが困るくらいらしい。
Macは詳しく知らないが、FTPとSFTPとSCPに対応した操作性の良いクライアントはあるらしい。

なぜWindowsには、こういったツールが無いんだろうか。
NautilusのWindows版が作られたら、幸せになれるのに・・・

xplorer²のキーボードショートカットなど機能が紹介されている参考リンク

ITmedia Biz.ID:Windowsのエクスプローラを「Xplorer2」で置き換えよう
別窓 | ツール | コメント:2 | トラックバック:0
200706270549
ロックされたファイルを削除・移動できるようにするツール「UNLOCKER」
UNLOCKER 1.8.5 BY CEDRICK 'NITCH' COLLOMB

Windowsを使っていて、不要なファイルやフォルダを削除しようとすると、こんなエラーメッセージを見ることがある。

「ファイルまたはフォルダの削除エラー」

ファイル・フォルダがプログラムによってロックされているのに削除しようとするから発生するエラーだ。
稀にプログラム終了させたのにロックされたままだったり、想定外のプログラムがロックしていて、削除が出来ないことがある。
そんな時、どのプログラムがロックしているかを調べ、そのプロセスをkillしてくれるツールがあると便利。

同種のツールとしてWhoLockMe Explorer Extension v1.04 beta (NT-Win2K-XP) download pageを以前紹介したが、UNLOCKERのサイトにある機能比較表を見る限りUNLOCKERの方が高機能な様子。

特にうざったいのがexplorer.exeがなぜかフォルダをロックしたまま握りこんでしまい、OSを再起動するまでフォルダを削除できないケース。
explorer.exeをkillするわけにもいかず、WhoLockMe Explorer Extensionがあっても何も出来なかった。
比較表をざっと見ているとUNLOCKERなら、もしかしたら解決出来るかもと思える項目もある。
UNLOCKERのインストール後、まだその症状に出くわしてないので実際に出来るか分からないが、ちょっと期待できそう。
別窓 | ツール | コメント:0 | トラックバック:0
200706262224
| プログラマのチラシの裏 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。