移転しました。
2013年2月〜
http://kanonji.info/blog/

2008年11月〜2013年1月
http://d.hatena.ne.jp/kanonji/

はてなダイアリーに移転してたけど、そっからさらにWordPressでのブログに移転しました。
 
201302061607
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
----------
電源あれこれ
コンセントが不足してきたので、ちょっと電気工事的なことをしてコンセントを増設することになった。
東急ハンズかなにかでFケーブルと、仮設用コンセントを買ってきて3個ほどコンセントを追加。

Fケーブルにもいろんなメーカ・タイプがあると思うが、今回購入したのはこれの様子。

仮設用コンセントは松下電工のWK1512Kを使用。

ついでに気になったのが1つのコンセントで使えるワット容量。
一般家庭にあるコンセントもこの仮設用コンセントも、1500Wまでと書いてある。
そして差込口は2個。
松下電工に確認したところ、仮設用コンセントに限らずコンセントはパーツに書かれているワット容量は、そのパーツ全体の上限とのこと。
つまり2個口なら2個の差込口で1500Wまで。
OAタップなんかは5個くらい差込口があるけど、全部合わせて1500Wと同じこと、らしい。

ちなみにFケーブルのほうは、どうも線の太さによって変わってくるようなので後で調べる。
ちょっと気になるのは、仮設用コンセントを数珠繋ぎにしてる場合、中間に位置する仮設用コンセントはすごい負荷になるんじゃないかという事。

つなぎ方は以下のようになっている。
元とコンセントABCをつないでいるFケーブルは、たぶんそれなりの容量上限だと思うが、コンセントはそれぞれ1500W。
コンセントCで1500W使っている時、コンセントA・Bを経由しているので、コンセントA・Bにその分の負荷が掛かってしまうんじゃないだろうか?
という心配。
要調査かな。

|元|──|コンセントA|──|コンセントB|──|コンセントC|
スポンサーサイト
別窓 | 未分類 | コメント:2 | トラックバック:0
200702200817
<<eclipseの設定 | プログラマのチラシの裏 | MagicFormation>>
この記事のコメント
 
200708011034
ご心配の通り というよりは元が一番心配ですね。
元のコンセント容量は何ワット?(何アンペア)
次が元からコンセントA のケーブルです。
元--コンセントAの間のケーブルはさわって暖かくないですか?
電流とケーブルの太さの関係が分からないようでしたら自分で電気配線はやめましょう。
火事になってからでは遅いですから。
2007-08-01 Wed | URL | はる #-[ 内容変更]

 
200708021643
コメントありがとうございます。
ご指摘の通り「元」が危ないですね。
家庭・オフィスの壁にある一般的なコンセント、差込口が2個並んでるタイプです。
そのコンセントは、調べてみると2の差込口あわせて1500Wまでとの事でした。
カバーを外してFケーブルを接続しているので、拡張した仮設コンセントは全てあわせて1500Wまでということになりますね。

現状は差込口が足りていないので、仮設コンセントは使っていますが、1500Wを超えないように使っています。
どんどん電気を使う機器が増えて大変です。
2007-08-02 Thu | URL | 観音寺 #-[ 内容変更]

COMMENT
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


TRACKBACK
| プログラマのチラシの裏 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。