移転しました。
2013年2月〜
http://kanonji.info/blog/

2008年11月〜2013年1月
http://d.hatena.ne.jp/kanonji/

はてなダイアリーに移転してたけど、そっからさらにWordPressでのブログに移転しました。
 
201302061607
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
----------
好きなフォルダを仮想ドライブとして設定する方法「SUBSTコマンド」
Windowsコマンド集:(subst)

SUBSTコマンドを使うと、好きなフォルダに好きなドライブレターを割り当てることが出来る。
例えば以下のように設定すると、マイコンピュータに「P」ドライブが新しく作られる。
DOSコマンドなので、コマンドプロンプトから設定する。

SUBST P: "C:\Program Files"

PドライブはProgram Filesなので、以下のようにファイルパスを短縮して使えるので、もっとパスが長くなる場所にドライブレターを付ければ便利。

C:\Program Files\tool\tool.exe
P:\tool\tool.exe

マイドキュメントやデスクトップなどC:\Documents and Settings配下にあるフォルダに設定する場合は一工夫必要。
C:\Documents and Settingsの配下にはWindowsログインユーザ毎にフォルダが作られている。
1人で使っているPCの場合は、自分のユーザ名を決めうちで書いても良いが、環境変数を使うことも出来る。
例えばマイドキュメントの場合は以下のように%username%を使うことで、そのときのユーザのマイドキュメントへのパスを入力可能。

SUBST M: "C:\Documents and Settings\%username%\My Documents"

ちなみに、SUBSTコマンドによる設定は、一度Windowsをシャットダウンすると消えてしまう。
いつも設定しておきたい場合は、SUBSTコマンドを実行するバッチファイルを作って、スタートアップに登録が必要。
スポンサーサイト
別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0
200704140816
<<Windows用ポータブルwebサーバ Apache Mobile | プログラマのチラシの裏 | Pearl Crescent Page Saver Basic>>
この記事のコメント
COMMENT
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


TRACKBACK
| プログラマのチラシの裏 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。