移転しました。
2013年2月〜
http://kanonji.info/blog/

2008年11月〜2013年1月
http://d.hatena.ne.jp/kanonji/

はてなダイアリーに移転してたけど、そっからさらにWordPressでのブログに移転しました。
 
201302061607
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
----------
VMware Serverをアップデートする際の注意メモ
Download VMware Server, free VMware, virtual server - VMware

VMware Serverが2007年9月18日にVersion: 1.0.4をリリースしたのでアップデートしてみた。
上記ダウンロードページアクセスしても特にアップデート用パッケージが見当たらなかったので、インストーラをダウンロード。
そのままインストーラ起動してアップデートが出来た。

大まかな流れは以下。

インストーラのウィザードの流れでまず既存のVMware Serverをアンインストールする指示が出る。
当然、仮想マシンが起動しているとアンインストールが出来ないため、停止するよう指示される。
アンインストールが完了後、改めてインストールが始まる。
その際、インストール先がC:\Program Files\VMwareに戻っているので注意。
前回のインストール時にインストールディレクトリを変更している場合は改めて変更する。
後は普通にウィザードに従って進める。

VMware Serverは以下の仮想NICを2個インストールするが、これに使われるネットワークアドレスも前回から変わっているので注意。

VMware Network Adapter VMnet1
VMware Network Adapter VMnet8

IPアドレスは以下の形式で、xxxのネットワークアドレス部分がランダムで決定される。
192.168.xxx.0

xxxの部分が前回から変わるので、前回と同じものに設定しなおすか、仮想マシンの設定を新しいネットワークアドレスに合わせて設定する必要がある。
VMwareの仮想NICの設定はManage Virtual Networks(vmnetcfg.exe)を使う。
これはVMware Serverをインストールすると一緒についてくる。

仮想マシンのネットワークアドレスの設定を変更する場合は、最低限以下を編集する必要がある。
/etc/sysconfig/network
/etc/sysconfig/network-scripts/ifcfg-eth0
/etc/resolv.conf

その他インストールしているパッケージによっては設定が必要かもしれない。

しかし、仮想NICのネットワークアドレスの部分は、変わらないようにアップデート出来ないんだろうか・・・
スポンサーサイト
別窓 | VMware | コメント:0 | トラックバック:0
200709230417
<<SSHdの設定 CentOS4.5 on VMware Server | プログラマのチラシの裏 | VMware Server 1.0.4がリリースされました>>
この記事のコメント
COMMENT
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


TRACKBACK
| プログラマのチラシの裏 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。