移転しました。
2013年2月〜
http://kanonji.info/blog/

2008年11月〜2013年1月
http://d.hatena.ne.jp/kanonji/

はてなダイアリーに移転してたけど、そっからさらにWordPressでのブログに移転しました。
 
201302061607
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
----------
VMware Serverをサービスとして、仮想マシンを常に起動出来るようにする
CentOS 4.5 on VMware Serverインストールメモ - プログラマのチラシの裏

上記記事でのインストール方法だと手動で仮想マシンを起動しなければならず、ホストOSを再起動したときに不便だった。
実マシンはサーバでなくPCなので常時起動ではなく、毎回PCを起動時に仮想マシンを起動させるのは面倒な場合がある。
VMware Serverは名前にサーバとあるくらいなので、当然そのための設定がある。

詳しくは下記エントリに載っているが、設定は仮想マシン毎に行う。
hktr.jp: VMWare Tips まとめ。 アーカイブ


  • VMware Server Consoleを起動し、設定を変更したい仮想マシンのタブを開く。

  • [Edit virtual machine settings]をクリックし設定画面を開く。

  • [Edit virtual machine settings]をクリックし設定画面を開く。

  • [Options]タブを開き、[Stertup/Shutdown]を選択する。

  • 項目[virtual machine account]を[local system account]に変更する。

  • 項目[Stertup/Shutdown options]の[On host stertup]を[Power on virtual machine]に変更する。



これでホストOSの起動と同時に仮想マシンも起動することになる。
ちなみに手動で仮想マシンを起動した場合でも、VMware Server Consoleを閉じても仮想マシンは動作を続けている。
スポンサーサイト
別窓 | VMware | コメント:0 | トラックバック:0
200709260354
<<Eclipse Foundation公式のPHP開発用プラグイン「PDT 1.0」(Eclipse PHP Development Tools)がリリース。だけど起動時にエラー | プログラマのチラシの裏 | VMware Server上にSSHポートフォワーディング専用の仮想マシンを作る>>
この記事のコメント
COMMENT
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


TRACKBACK
| プログラマのチラシの裏 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。