移転しました。
2013年2月〜
http://kanonji.info/blog/

2008年11月〜2013年1月
http://d.hatena.ne.jp/kanonji/

はてなダイアリーに移転してたけど、そっからさらにWordPressでのブログに移転しました。
 
201302061607
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
----------
[Flash][ActionScript]色んな状況での「this」の動き
注意;
・一応Flash MX 2004(ActionScript2.0)を前提
・調べただけで検証してないので、間違っているかもしれない

□thisの動き、基本動作
フレームアクション:そのフレームがあるタイムラインのMovieClip
ムービークリップアクション:そのMovieClip自身
ボタンアクション:そのボタンが配置されているMovieClip(ボタン自身を指すと勘違いしがちだが、違う)

functionの中:基本動作と同じ。
var x = 0;
function example() {
   this.x = 1;
   }
example();
trace(x); xは1になっている。


カスタムオブジェクトのコンストラクタ関数内:作成されたオブジェクトのインスタンスを指す。(この場合、thisはプロパティの設定に使用される)
var x = 0;
function example() {
   this.x = 1;
   }
obj = new example();
trace(obj.x); インスタンスobjのプロパティxが1に設定される。


クラスの中:クラスのインスタンスを指す。(ActionScript2.0ではクラスのインスタンスを指すのに、thisは省略可能とされていますが、省略するとバグる時がある様子)
class example {
   var x = 0; xはプロパティ
   function example_func() {
      trace(this.x); クラスのインスタンス内のプロパティxの中身、0
      }
   this.example_func(); クラスのインスタンス内のexample_func()を指す
   }
class_instance = new example;クラスのインスタンスを作成。

この場合thisはクラスのインスタンスを指すので、
クラス内ではthis.x:クラス外からはclass_instance.x
クラス内ではthis.example_func:クラス外からはeclass_instance.example_func

他の使い方があれば追記
スポンサーサイト
別窓 | Flash | コメント:0 | トラックバック:0
200511122345
<<[Flash][ActionScript]変数のあれこれ | プログラマのチラシの裏 | RSSの種類いろいろ>>
この記事のコメント
COMMENT
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


TRACKBACK
| プログラマのチラシの裏 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。