移転しました。
2013年2月〜
http://kanonji.info/blog/

2008年11月〜2013年1月
http://d.hatena.ne.jp/kanonji/

はてなダイアリーに移転してたけど、そっからさらにWordPressでのブログに移転しました。
 
201302061607
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
----------
SC430にWindows2000をインストール
Windows2003 ServerとRedHat EnterpriseLinuxのみサポートとされているDELL製「SC430」にWindows2000をインストールした。
その手順の備忘録。

付属の「Server Installation CD」は上記の通りWindows2003 ServerとRHELのみ対応で、その他のOSには使用出来ない。
なのでそれは使わずに、通常と同じようにWindows2000のインストールCDからブート。

この時シリアルATAのドライバが無いとかで、HDDが検出できないケースがあったような気がするけど、今回試したら問題なく進んだ。
ちなみに、Debianは何度試してもダメだった。

インストール終了後、グラフィックドライバ・NICドライバなどが無い状態なので、ここで付属の「Server Installation CD」を使用する。
CDを入れるとウィザードが立ち上がるのでSC430用のドライバを選択してインストールする。

DELLのPowerEdge用ドライバ検索ページで探してみたところChipsetのがあったので一応インストール。
「Server Installation CD」も最近(2006/09)更新されているみたいだけど、めんどうなので今回はスルーした。

とまぁ、一応これで動いている様子。
HDDを認識しない場合があったのがちょっと気になるところだけど。
追記でメモ。

SC430対応の安いメモリはTranscendの「TS128MLQ72V5J」(1GB)らしい

オンボードNICはオンボードBroadcom BCM5751ギガビットイーサネット・コントローラで、BroadcomのDriverサイトでBCM57xx Driversのものも使用可能
付属の「Server Installation CD」のドライバが使えなかった場合はこっちを試すといいかも知れない。
スポンサーサイト
別窓 | 開発環境 | コメント:1 | トラックバック:0
200609151344
<<[Firefox]俺のブラウザ拡張 | プログラマのチラシの裏 | [subversion]>>
この記事のコメント
 
追記
200712251252
SC440/SC430/SC420 Windows 2000 インストール方法 Dell SC420 Maniacs/ウェブリブログ
http://sc420.at.webry.info/200508/article_41.html
2007-12-25 Tue | URL | 観音寺 #-[ 内容変更]

COMMENT
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


TRACKBACK
| プログラマのチラシの裏 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。