移転しました。
2013年2月〜
http://kanonji.info/blog/

2008年11月〜2013年1月
http://d.hatena.ne.jp/kanonji/

はてなダイアリーに移転してたけど、そっからさらにWordPressでのブログに移転しました。
 
201302061607
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
----------
[Win]Documents and Settingsを移動する
http://www.itmedia.co.jp/help/tips/windows/w0587.html

詳しい方法は上記記事にあります。

一応やってみたので注意点をちょろっと書いておきます。
手順の中でxcopyを使ってDocuments and Settingsのデータをコピーしていますが「NTUSER.DAT」と「ntuser.ini」が共有違反でコピーできない場合があります。
「NTUSER.DAT」と「ntuser.ini」が無いままレジストリを変更する手順を行っても、うまくプロファイルフォルダとして認識できないようで、うまくいきません。
新しく設定したDocuments and Settingsフォルダには「ユーザ名」の名前が付いたフォルダがあるが上記ファイルがコピーできていない場合Windowsは「ユーザ名.コンピュータ名」というフォルダを作りそこをプロファイルフォルダと設定してしまいます。
xcopyで「NTUSER.DAT」と「ntuser.ini」がコピー出来なかった場合は、レジストリ変更の手順の前に手動でコピーしておきましょう。

また、プロファイルフォルダ内の「Application Data」フォルダにデータを格納するアプリケーションが、移動したことをうまく認識できず、動作がおかしくなることもある様子。
この操作を行うのは、なるべくならWindowsインストール直後にやってしまったほうが安全です。

メーラーのSylpheedなんかはデフォルトで「Application Data」にメールデータを保存するので、クラッシュ対策を考えると是非やっておきたかった拡張です。
スポンサーサイト
別窓 | PC拡張 | コメント:0 | トラックバック:0
200610152238
<<スパムのブラックリストとrDNS(reverse DNS) | プログラマのチラシの裏 | 現状の環境変数を一覧で表示する[printenv]>>
この記事のコメント
COMMENT
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


TRACKBACK
| プログラマのチラシの裏 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。